調査ダイビングのご報告。

 

こんばんは!

現地の皆さんが調査ダイブへ行ってくださった際のご報告をまとめました。

↓↓↓

1月18日火曜日ヒルトゥガン、ナルスアン、マリゴンドンチェックダイブレポート

前日から北風が強く雨こそないですが曇って寒い1日でした。
1本目ヒルトゥガン
桟橋、レストラン、センターにあった白い家は大破していました。
多分ですがブイは2個しかないと思います。
黄色いグラスボートはひっくり返ってそのままになってる状態
10時15分頃エントリーしました。海が荒れてるこの時期ですので、透明度が悪かったです。
透視度7m程度でした。
意外だったのが私の感覚、全域を見たわけではないですが珊瑚は70%は残ってる感じでした。
マリンステーション考えると雲泥の差です。
イソギンチャクも結構残ってますし植物系も残ってます。
浅瀬は一度被った砂が流された感じで以前あった水底がほとんど見えてました。
ガレ場になってしまいそうな何ヶ所が見られましたが魚の多さにびっくりしました。
ハゼ系もやっと見れました。
深場はやはりまだ砂を被っていますが、マリンステーションの様にスロープ状態になってるわけでもなく起伏があり以前の形を確認出来ます。
チヒロちゃんの言われる通り十分ゲストを呼べる様な状況だと思います。

 

2本目ナルスアン

ボートをつけていた小屋や桟橋は全く無くなってました。
土台のコンクリートが所々残ってる状況です。
流木や浮遊物がある可能性がある為、ボートでの接近して観察出来ませんでしたが水上コテージ、レストランは残ってました。(中の被害は不明)
木はほとんど無くなって島の形が変わった様に感じました。

安全第一で沖のブイを取って11時30分頃エントリー
まず小屋があった付近の下にできるだけ接近して観察、コンクリートの塊がゴロゴロしてる状況です。
足がつける所まで入りましたがその先は危険なので途中で引き返しドロップ方面へ移動浅瀬に沢山あったテーブル珊瑚郡はほとんどひっくり返えってました。残念な事です。
ただ深度を取って行くにつれ珊瑚もソフトコーラルの植物系も結構見れたのが幸いでした。
魚は多く何とか頑張ってくれたのに感謝でした。
途中桟橋や小屋の大きい木などが散乱してますがほとんどがドロップ下に落下していると思われます。
女神像はお辞儀をして福助みたいになってましたがチヒロちゃんとスタッフのアールが起こしてくれました。その場所に残ってたのだけでも奇跡だと思われます。

 

当初3本目はオランゴのサンビセンテでしたが被害が大きくブイが1つも無いのと風が強まった為マリゴンドンを目指しランチを取りながら移動

3本目マリンゴンドン 2時頃エントリー
プランテーション前から入りケーブ側に移動
浅瀬にあった岩などはなくなり砂地になってました。
ドロップ側に入ると以外にもソフトコーラルがあり壁側の損傷はあまりありませんでした。
ケーブの入口付近にあった大きめの植物類は無くなって今下が壁には小さなソフトコーラルがびっしりあってちょと安心しました。
マリンステーションでは全く見られないイソギンチャクやヨウジウオ系、ハゼ系もそこそこ見られ場所によってこんなに違うのかと感じました。

 

 

今回、ボートを使ってのチェックダイブを3本しましたが陸は相当な被害うけてますが運が好かったのか3ポイントともゲストを呼べる状況と思われます。

今回は9名でのチェックダイブでしたが定期的にチェックをして状況がどうなってるかを見て行きたいと思ってます。
今回はゴミなどはBCに入る程度でチェックに専念してもらいましたが大規模なクリーニングなどこれからありますので参加していきたいと思っております。

 

写真はフリークルーさん、エルアクアリオさんより。

文章はフリークルーさんより。

 

 

そして、オールブルーさんが動画にしてくださいました。

皆さん大変な中ご報告有難うございます!!!

 

🐋・・・・*・・・・*・・・・*・・・・🐋

 

🇵🇭台風22号オデット被災セブ日系ダイビングショップ義援金活動について。クリックしてご覧ください。

引き続き宜しくお願い致します🙇‍♀️

 

🐋・・・・*・・・・*・・・・*・・・・🐋

投稿者プロフィール

衣香織
生まれも育ちも群馬県!海なし県だからこそ、この世界への憧れが強く仕事にしちゃいました♪
水中で可愛い写真を撮ることが好きです。休みの日は潜っているか、スイーツ巡りをしているかのどちらかですね。笑
『いつも笑顔』をモットーに安全第一で頑張ります(^^)よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA