良い方向に!

 

 

こんにちは!ころもです(^^*)

 

最近のセブの現状について、2点ブログに書きます!

 

⭐8月からVISAを持っている外国人がセブへ渡航できるようになるとニュースがありましたが、どんなVISAが有効なのか詳しくは知らされていませんでした。

有効なVISAはこちらだそうです。

 

 

こちら、永住権を持っている方など長期滞在できるVISAですね。。。

就労VISAでも入れるかも!との話が上がっていたけど、まだのようです(T^T)
ですが、良い方向に進んでいることが嬉しい!!!!

 

 

⭐ちょっと希望の光が見える嬉しいニュースも!

検疫レベルがMGCQ(改善された一般化されたコミュニティー検疫)になったらダイビング業界も再開可能になるみたい!
それ以外にも嬉しい内容が(^^)

 

【待望のダイビングやアイランドホッピングがセブ州で再開】
セブ州知事グエン ガルシアは、MGCQ下のセブ州にて楽しめるアクティビティーの営業開始、店内飲食などの許可に関する公文書20-Aに署名しました。

■セブ州でできるアクティビティー
– Canyoneering(キャニオニング)
– Island hopping(アイランドホッピング)
– Snorkeling(スノーケル)
– Diving(ダイビング)
– Beach activities(ビーチアクティビティー)
– Whaleshark watching and snorkeling(ホエールシャークウォッチング)
– Sightseeing(観光)
– Zipline adventure(ジップライン)
– ATV riding(ATVライディング)
– Parasailing(パラセーリング)
– Hiking, Trekking and Mountaineering(ハイキング、トレッキング。登山)
– Spelunking (Caving)(ケービング)
– Visiting Cultural Sites and Museums(史跡、博物館めぐり)

■店内飲食について。
―オープンエアー換気のよい場所での飲食を勧める
―収容人数の75%での営業を認める
―各料理にカバーのついたブッフェサービスの許可

■外出禁止時間について
深夜12時から朝5時までは外出禁止とする。レストランは、夜11時まで営業を許可する。
各事項のガイドラインは、添付の書類に詳しく記載されています。
これらのアクティビティーを楽しめるのは7月24日現在、MGCQ下に居住する人のみとなります。
8月1日以降のセブ市、マンダウェ市、検疫の緩和に期待したいですね。
参照元 :Cebu Provincial Government

READ: Governor Gwendolyn Garcia issues Executive Order No. 20 defining the protocols, standards, and guidelines to be…

Sugbo Newsさんの投稿 2020年7月9日木曜日

 

(情報はセブポットさんより)

 

まずは感染者が減って早く検疫レベルがMGCQになってほしいものです!

 

 

photo by ころも

 

まだ外国人観光客がセブへ渡航できるようになった訳ではありませんが、徐々に徐々にですね(*^^*)

 

 

 

⭐⭐アクエリアスダイバーズのInstagram⭐⭐

🍀🍀アクエリアスダイバーズのTwitter🍀🍀

🌸🌸アクエリアスダイバーズのFacebookページ🌸🌸

 

良かったらフォローお願い致します!!!

投稿者プロフィール

衣香織
衣香織
生まれも育ちも群馬県!海なし県だからこそ、この世界への憧れが強く仕事にしちゃいました♪
水中で可愛い写真を撮ることが好きです。休みの日は潜っているか、スイーツ巡りをしているかのどちらかですね。笑
『いつも笑顔』をモットーに安全第一で頑張ります(^^)よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA